Translate

マイクロブタのトリミングとお手入れ

マイクロブタの毛は生え変わる?

当店のマイクロブタを撫でてくださったお客様は、「ブタさんは毛が全然抜けないんですね!」とおっしゃいます。犬猫を撫でたら、いつでも毛だらけになるのに、pigちゃんは毛が抜けないのでびっくりする方も多いです。赤ちゃんのうちは、ほとんど毛が抜けません。けれども、大人になると、季節の変わり目にごっそりと抜けることがあります。

当店の黒pigちゃんは、イギリスの牧場主から社長が個人輸入した親ブタさんから生まれました。親ブタさんは、日本に来た最初の夏にまるで毛皮を剥いだかのように一気に抜けました。まるで禿げてしまったかのように。今年の夏はほとんど抜けませんでしたので、気温や環境により、あまり抜けない年もあるようです。

換毛期は一応あるのですが、犬猫に比べると毛量も少なく、掃除はとっても楽で、換毛期以外はほとんど抜けないので、一緒に眠っても大丈夫です。pigちゃんは、自分の寝床を汚すことはしない綺麗好きなので、失禁の心配もなく、抜け毛も少なくて一緒に暮らすにはとっても助かりますね。

マイクロブタにトリミングは必要?

マイクロブタは、毛が長い犬のような定期的なトリミングは必要ありません。けれども、ちょこっとお顔まわりをカットしてあげると、スッキリした印象になり、美人さんになります。

特に眉毛、耳の中の毛、お鼻周りの毛をカットしてあげると、とっても可愛く見えます。

pignicにはアジア種のマイクロブタとイギリス種のマイクロブタが暮らしています。イギリスの方が寒いので黒pigちゃんの方が毛量が多いです。

今回はスタッフのお母さんがトリマーさんだったので、トリミングしてもらいました。その時の様子がこちらです。

トリミング Before→After

こちら↓が、ララちゃんのカット前とカット後の写真です。おじいちゃんのような眉毛だったのがスッキリして、とってもキュートになりました。

そして、こちら↓がテレサちゃんのカット前とカット後の写真です。お耳の中の毛をごっそりカットし、目の周りやおひげもなくなり、お顔立ちがすっきり綺麗になりました。

トリマーさんの感想

マイクロブタの初めてのカットはどうだったか、インタビューしてみました。以下、トリマーさんの感想です↓

「普通、毛の硬いテリア系の犬はハサミを使わずにナイフで毛を削いでいく方法をとります。
マイクロブタは毛が硬いため、ハサミを使ってカットする感覚が今までにない初めての感じでした。

毛量が多くないため、カットするのにはそこまで手間はかかりませんでした。

今回は1人が抱き抱え、1人がカットする方法をとったので、おさえている手が邪魔になりカットしづらかったです。
本来はトリミング台に乗せて、リードで繋ぎ立たせてカットするのですが、マイクロブタにその方法がとれるかというと、難しいですよね。

身体はバリカンでも出来るのか?
チャレンジしてみたい気もします。」

↑とのことでした。

スキンケアも耳掃除もしやすくなった!

トリミングにより、写真写りも可愛くなったpigちゃん達。

耳掃除も余分な毛がなくなったので、やりやすくなりました。

pigちゃんは、肌が人間と近いのでアレルギーの原因にならないと言われていますが、人に近い分、乾燥肌にもなりやすいので、お風呂の後は敏感肌用か赤ちゃん用の化粧水をたっぷりつけて保湿してあげます。トリミングで保湿もしやすくなり、良いことづくめですね。

お風呂・爪切り・耳掃除・牙削り

マイクロブタを家族に迎え、全部のお手入れをご自宅で行うのが大変なようでしたら、いつでもご相談ください。次のメニューもご用意しております。

おとなしい性格のpigちゃんなら、ご自宅でメンテナンスできますが、わんぱくな男の子が大人になってからの牙削りは、大変ですよね。いつでもご相談ください。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました